Top / サキュバス
HTML convert time: 0.004 sec.

サキュバス

Last-modified: 2013-12-19 (木) 10:46:43

人物

元大勇者パーティの紅一点、大魔法使い。巨乳オブ巨乳、巨大おっぱい戦艦、歩く巨乳、などと言われ続け、人間の時はかなり気にしていた。ワガママボディの持ち主に相応しいのか、少々キツめの性格。大勇者の幼なじみであり、幼少期から死に至るまでずっと彼に対して好意を抱いていた。もっとも、肝心の大勇者は酒場のお姉さん一筋で、一度も友人以上に見られたことはない。結局彼女の恋が実ることはなかったが、彼女は大勇者の傍に居続けることを選択する。それは彼女が望んだ通りの関係ではないものの、それでも一緒にいられた時間は彼女にとって幸せなものだったのかもしれない……。
魔族状態時の格好は人間の時とは真逆、サキュバスの名に相応しい露出っぷりである。ブラジャーのようなそれは装甲ではなく、巨大なおっぱいを封じ込めるための拘束具である。本来の力が開放された時、彼女のおっぱいは一体どれほどのものになるのか……。
魔族になる際にそのおっぱいのボリュームから、牛系の魔族になる可能性もあった。が、エッチさがそれを上回りサキュバスに。
人間時は超火力アタッカーとして活躍。魔族になってからも高い戦闘力で戦場を極寒の地へと変貌させる。チートな勇者と二回戦って生き延びた凄い人。

スキル・魔法

属性
魔法
凄まじい威力を誇る攻撃魔法を操る。
氷の牢獄
対象を封じ込める氷のプリズン。魔法使いの詠唱さえも妨害している。

奥義

呪いの槍
銀色に光り輝く槍。投げた瞬間から効果を発動させ、槍が進めば進むほど対象の寿命を削る。直撃した場合に即死を免れることは極めて難しい。酒場募集の時代から何十年も前に編み出された禁術魔法。勇者討伐戦争での王様の発言から、魔王(何代目かは不明)を倒す際に発動されたと思われる。