Top / 三技
HTML convert time: 0.016 sec.

三技

Last-modified: 2013-12-15 (日) 00:58:58

三技

三技とは、戦闘において重要な役割を担う三つの手段のことである。スキル、魔法、奥義から成っている。
三技ひとつひとつの効果や説明については、三技辞典の項目を参照。

スキル

スキルとは、体力や魔力を消費して発動する技であり、その性質は攻撃や補助、回復、生成など、後述する魔法と同様に様々なものがある。それらのスキルは大きく分けて二種類に分類され、居合や透視眼のような適宜発動させるスキルと、見切りや蓄積攻撃のように発動してからずっと効果を発揮するような常時発動スキルとがある。常時スキルは、基本的には自分の魔力や体力が危険水域に達すると自然に止まる。

魔法

その名の通り魔法。魔力を消費して発動する。スキルと同じように常時発動魔法もある。
募集シリーズに登場する魔法は、基本的には 属性 性質 レベル で表される。

 例)  勇者「炎属性魔法レベル2」
     賢者「魔法暴発レベル1!!」

また、名称がついている魔法もある。

 例)  男B改め魔法使い「ちょっと強いサンダーみたいなwwwwwwwwww」

属性

属性は属性細胞に魔力を通すことによって発現するが、これは私たちの呼吸と同じくらい自然に行われる。
属性は基本的には1人1つしか持てないが、複数の属性を扱える者も存在する。
属性には       の6つがある。
それぞれの属性には特徴があり、火-攻撃 水-治癒系 土-身体強化 風-補助 氷-回復、補助、攻撃 雷-攻撃、補助 と属性ごとに得意分野を持っている。の属性を持つ者は少なく、得意分野も多く強力な属性であるため上位属性と呼ばれている。
しかし、属性と属性の間には相性があり、一概に上位属性が優位と言えるわけではない。また、一説にはが最強とも言われていたりするので、属性にはまだまだ不明な点が多い。

欠陥属性(ラック)と無属性

募集シリーズには、上記の6つの属性とは別に欠陥属性(ラック)と呼ばれる属性が存在する。
現時点で確認されている欠陥属性(ラック)は  黄金
また、魔法を発動する際には前項のとおり自然と属性が付与されるが、魔力を属性細胞に通さないことによって無属性の魔法を発動することができる。属性を付与しないので、相手の弱点を突くことや追加効果を得ることができないが、属性への耐性によって威力を軽減されることもなくなる。ただし、属性細胞を通さずに魔法を発動するには多くの労力を必要とし、Qw0さんいわくメリットがほとんどないようである……が、攻撃魔法の頂点とも言われる魔導長は無属性の魔砲を得意としている。

属性間の相性

表左から表上を見たときの相性
 
   ◎…相性がいい   ○…相性はわるくない
×…相性が悪い   /…お互いさま
 
//黄金
×
×
×
×
××
×
黄金

性質

攻撃
単体 範囲 範囲殲滅 広域 超広域 攻城
防御
防御 範囲防御 魔法障壁 聴覚保護
補助
攻撃力上昇 攻撃速度上昇 攻撃射程上昇 防御力上昇 移動速度上昇 思考力上昇 運力上昇 不可視 魔力供給
妨害
攻撃力下降 移動力下降 拘束 誘惑
治癒
回復(治癒) 回復持続 蘇生
生成
武器生成 防具生成 物質生成 ゴーレム生成 魔法罠
情報
通信 索敵
召喚
転送
操作
洗脳 魔力暴発 魔力変換
封印
発声機能封印 詠唱魔法封印
その他
幻影 地形変化

レベル

魔法の威力はレベルに応じて変化し、レベルが高くなるほど魔法の威力も高くなる。
基本的にはレベルは1~4までであるが、作中にはレベル5の魔法を扱う者が登場している。
また、魔法の威力はレベルによって決まりきっているわけではなく、魔法を発動する者の実力に依るところが大きい。なお、魔法攻撃であるかは不明だが、単に威力だけならばレベル12相当のものもある。

詠唱魔法と紋章魔法

募集シリーズに登場する魔法のほとんどすべては詠唱によって発動する詠唱魔法であるが、この世界には詠唱魔法のほかに紋章魔法というものがある。これは、名前をみてもわかるように紋章を描くことによって発動する。かつての主流はこちらであったようだが、募集シリーズの時代では使用する者はほとんどいない。

魔法に関する重要な発言

「魔法なんて魔の法って書くくらいなんだ、魂を代価に発動しててもおかしかねぇだろ?それ以上の見返りは貰ってるはずだ。ただ攻撃よりも回復のほうが魔法は不得意だった、って話だ」
「攻撃魔法を使う時も回復魔法を使う時も、少量だが寿命は削られる。まぁ許容範囲だ。生きてりゃ寿命は削れてくもんだ。ただ回復魔法は、対象者の寿命も削るのさ。怪我のレベルによって変わってくるが……蘇生なんてしたら寿命がどれだけ縮むのか……なっ!」

奥義

基本的には、体力や魔力を大量に消費して発動する極めて強力な技。自分で編み出すか、誰かから伝授される以外に習得する方法がなく、独自性が非常に強い。これを習得すると一人前とみなされる。また、作中での槍兵の発言から、多数の奥義を所有することは難しそうである。